RabbiT

【ebayマーケティングツール】まずはこの設定! RabbiTのおすすめ活用方法

RabbiTはこちらから

 

実際どのように使うの?

効果的な使い方が知りたい

機能の使い方がイマイチわからない

今回は、RabbiTを使い始めた方や使ってみたけど使いこなせていないと感じている
方向けの記事になります。
使い始めて、まずは設定しておきたい機能を紹介していきたいと思います。

RabbiTでできる事については下記記事で紹介しておりますので合わせてご確認下さい。

記事はこちら

RabbiTのebay連携方法

初期設定の方法

ご使用前にebayと連携を行います。

1. 事前に必ず全てのブラウザでebayからログアウトしておきます。
2. ページ下部のSetting画面に移動する
3. サイドメニューから「EBAY連携」をクリックします。
4. 新規連携ボタンをクリックする。
5. 遷移したページでRabbiTと紐付けたいebayアカウントでログインする。
6. 「I agree」ボタンを押下する。
7. 「ebayとの連携に成功しました。」と表示されれば問題ありません。
8. 再度ログインして、Setting画面の連携情報を確認し、正しく連携できているか確認する。

※連携が完了する以前のチャット内容は、RabbiTには反映されませんのでご注意下さい。

ebayとの連携に失敗する場合

1. 再度,全てのブラウザでebayからログアウトします。
2. ブラウザでスーパーリロードを行います。
スーパーリロードのやり方(chromeの場合) Windows : Ctrl+F5、Shift+F5、Ctrl+Shift+R Mac : command+R
3. 上記1の「 ebayと連携を行います。」の項目を再度行ってください。
4. それでも失敗する場合は、UIDとセラーIDを添えてサポートまでお問い合わせください。

最初に設定するべきおすすめ設定

各種設定はログイン後、画面下部メニューバーの”Setting”にお進み下さい。

テンプレート

こちらの機能はツール上にメッセージのテンプレートを保存できる機能になります。
ツール上からいつでも呼び出す事ができるので顧客対応の時短に繋がります。

ある程度ebayをやっていると、バイヤーさんからの問い合わせや質問にある程度のテンプレートで対応できる事があると思います。
例えば、値引きに対しての返信内容、商品詳細についての追加説明などは文頭や文末は同じ内容を登録しておく事で実際にその商品に関しての回答だけを追記して送信できるようにします。

例) テンプレート設定このように、タグに対して複数のテンプレートを用意できます。
”タグ”でジャンル分けをして各テンプレートを追加することをおすすめします。

・テンプレートの呼び出し方
実際にchat画面の右下にタグ名が表示されるのでクリックすると登録しているテンプレートを呼び出す事ができます。

【必要なタグをクリック】

【選択したいテンプレートをクリック】

これでチャット欄に文字が呼び出せます。

以上のように、
テンプレート化できるメッセージを登録する事で同じ文章を毎回タイピングする手間がなくなりますし無駄に文章を考える時間も削減できます。

また、外注さんなど自分以外の人が作業する場合も定型文を決めておく事で対応や作業の受け渡しをスムーズに行えるかと思います。

チャットフラグ

続いては、チャットフラグ機能です。
チャットで使用するフラグ(バイヤーに対する目印)を設定できます。
使い方の例として、「このバイヤーにあとで〇〇をしたい」と思ったときなどに独自の目印を付けて、あとから検索して一括で処理をおこなったりすることが可能です。

例) チャットフラグ設定

このように、各フラグに対して自身で好きな名前を付けて”変更を確定する”をクリックし
保存します。

実際にchat画面で各バイヤー毎に、設定したマークでフラグをつける事ができます。
1つのフラグ(目印)ではなく複数に分けて登録する事で後で確認した際に、
何の対応が必要なのかがひと目で分かりやすくなります。

以上のように、

多くの対応をしていると対応漏れが発生することを防げたり、
再度アプローチをかける際に有効です。

また、”FLAGで絞る”で検索をかける事ができるので各フラグ毎にまとめてメッセージの確認が行えます。

自動応答

最後は、自動応答です。

まずは、
・購入確定メッセージ
・営業時間外
を設定しましょう。

みなさんも何かをネットで購入したときに、メールなどで
「購入ありがとうございます。発送は◯日後になります。」
とメッセージを受け取った経験があるかと思います。
このようなメッセージで購入ができた事を再確認したり、発送についての連絡を貰うことで”安心感”を買うことができます。

購入確定メッセージ
【新規作成 お礼メッセージをクリック】

【メッセージ内容とタイトルを入力して”作成”をクリック】

待機時間設定は、この場合5〜10分の間でランダムの時間でメールが送信されます。
この機能は、購入後に少し経過してからメッセージを送ることで機械的な動作ではなく人が対応している感を演出する為の設定です。0分に設定すれば、購入後即時メールが送信されます。

営業時間外
こちらは、設定した営業時間外(この場合8:00〜22:00以外)にバイヤーさんからメッセージを受け取った場合に設定したメッセージを送る事ができます。

【営業時間設定に任意の時間、メッセージ内容を入力し更新をクリック】

メッセージに応答できない時間帯にメッセージが来た場合に、「営業時間外になりますので、対応できません。営業開始は〇時になります。」とメッセージを受け取ることでバイヤーさんは長時間返答がない場合でも少し安心して返答を待ってくれます。

この他の、ベストオファーカウンターや追跡状態別メッセージの設定が行えますがこちらについては別の記事でご紹介させて頂きたいと思います。

以上のように、
購入後のメッセージを自動化し、営業時間外である事のお知らせメッセージを設定できます。

バイヤーさんが行った行動に対して、こちらもアクションする事で安心感を与え円滑な取引に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はRabbiTを使い始めてまずは設定して欲しい項目を紹介させて頂きました。
活用方法は一例であり、ご使用する方によって活用方法はさまざまあると思います。
是非、ご活用下さい。

RabbiTはこちらから
お問い合わせはこちらから